Bassist
Composer

Sakamoto plays:
Fender Jazz Bass 5strings
Ibanez fretless
MXR bass overdrive
degitech BP90
BOSS DD-20
BEHRINGER US600
M-AUDIO KeyRig25

神奈川県川崎市出身 沖縄県在住

両親が奄美サンシン、8月踊り、大島紬など芸 能、民芸など を行っており神奈川県に育ちながら、奄美大島文化環境の中、成長する。5歳の頃にエレクトーンを始める。16歳よりエレクトリックベースを始める。当時は ヘビィメタル、ハードロックを演奏し、20歳の頃よりイエスなどプログレッシブロックの演奏を行う。その後、ファンク、ジャズ、オールディーズなど多種多 様なバンドを経験し高円寺百景に加入。2作目より参加。アルバムデビューを果たす。

 2000年、 沖縄へ移住。ホッピー神山氏との出会いから、ソークワクチンのレコーディング、ベースサポートを行う。若手ミュージシャンのコンピレーション『ハッシェ! ソーガサイウラ琉球』の編集に携わるなと、沖縄ミュージシャンと交流を頻繁に行う。ダンサー伊藤虹、シャーラー、摩矢鈴、立岩潤三(per)、浅野光代 (写真家)と複合パフォーマンスグループ「チャンプラー」を結成。京都の寺、工場跡地などでパフォーマンス。グンデルサンシントリオを結成し、沖縄県立芸 術大学のバリガムラン部、ジャワガムラン部に通い、インドネシア音楽を研究。また来沖するホッピー神山、エミエレオノーラ、沢田穣治、灰野敬ニと共演を行 い音楽的アプローチの幅を広げる。

 2005年、 ベースのソロパフォーマンスを開始、サンフランシスコに渡り、初の海外ライブを現地のイベントに飛び込み出演、ソロライブを行う。参加者が瞑想に浸るな ど、深い精神空間を作り出し好評を得る。ヨセミテ国立公園にてキャンプ、深夜、山や川にて演奏。自然との対話から生まれる音楽に強烈な感動を覚える。その 後、神奈川県にてしばらく過ごし、ブラジル、アフリカンなどワールドミュージックへ傾倒、ネイティブなリズム、メロディとプログレッシブロック音楽の構築 性の融合を目指した作曲を開始し、高円寺百景にて『Rattims Friezz』を発表。You tubeを中心にし、世界のプログレッシブロックファンから高い評価を得る。 帰沖後、ライブスペース、プラネタリウム、美術館、ワークショップなど、様々な環境で演奏。講座として観衆に音楽が作られる楽しさを伝える活動を行う。
フランスにて行われた『Rock in opposion』ではリスナー評価1位を得る。

ソ ロアーティスト活動を開始。自然と共に作曲するMeetsNatureを開始。2011年7月1stソロ アルバム「Water&Trees」発表。MeetsNatureソロライブを台湾、日本にて展開。チリ在住Oscar Arias-VezgalとAntofagastaの大自然を舞台としたaudio-visual projectをインターネットを利用し開始、Youtubeにて作品公開。

自然と共に作られた幻想的な世界は聴くものに郷愁や、至福の安堵感を起こさせると話題。

サマリア人病院のディケアに通う人々と砂川恵理歌の歌作りプロジェクトに作曲で参加。

《演奏地》
日本、ニューヨーク、シカゴ、トロント、クベックにて演奏 2007
北米最大のプログレッシブロックフェス『NEAR FEST』2008
フランス、ポルトガル、スペイン、ドイツにて演奏2009
台湾にてソロ演奏2011

Play style: Avant prog, Free music, polyrhythm, irregular beats,
Latin feel, like a guitar, meditative sounds , Healing style.

Kengo Sakamoto started playing the bass when he was 16 years old. He learned playing the bass by himself. He  joined Koenji Hyakkei when he was 27 years old, recorded 2nd album, VIVA KOENJI!!, after he joined in one month.Sakamoto started performance group “Champler”. Champler is including dance, music, paint(French), photograph. Champer performed in the temple in Tokyo and Kyoto.

2000,Sakamoto moved from Tokyo to Okinawa. Sakamoto joined Gender Sanshin Trio. He approach traditional music of Okinawa and Indonesia.

2005,Sakamoto started solo. He performed in the nature of SFC,USA. His sounds made  the deeply meditation. He improvised with YOSEMITE’s air and woods at midnight. The same year, composed “Rattims Friezz” for 4th Album, Angherr Shisppa. This song mixed with progressive feel, Okinawa, Brazilian ,African. Rattims Friezz got high praise from progressive rock fans in the world.

2007,Koenji Hyakkei performed in New york, Chicago, Tront,Qubec.
FESTIVAL CREATION (Jonquiere, CANADA)
Festival international de musique actuelle (Victoriaville, Canada)

2008,Koenji Hyakkei performed at “NEAR FEST” in Philadelphia, USA
Near Fest X / Festival of Progressive Rock in USA (Bethlehem, USA)

2009,Koenji Hyakkei performed in France, Portugal, Spain, Germany.
Gouveia art rock / Festival of Progressive Rock in Europe(Gouveia, Portugal)
Rock in Opposition(Carmaux, France)
FREAKPARADE FESTIVAL 2009 (Wurzburg, Germany)
Audience of “ Rock in opposition ” gave No1 performer in this year.
2011, doing solo performance, MeetsNature in   Taiwan,Okinawa,Hiroshima,Osaka,Tokyo.
start the Warasa project with Oscar Arias Galvez(Chile) by internet communication.

2013,start Rock in Opposition and Joy? in Okinawa. Organize The great world egg.
2014,plays with Chris Culter and Yumi Hara in Okinawa,Japan.
Koenji Hyakkei perfromed at RIO JAPAN in Tokyo,Japan.
2015,open Rock in Opposition and Joy? in London,UK.

Sakamoto plays with Tatsuya Yoshida, Jyoji Sawada, Hoppy Kamiyama, Emi eleonola,Keiji Haino,
Chris Cutler, Yumi Hara, Jeff Lee, Tim Hodgkinson,Turiya Mareya and great musicians.